宮城県にある不動産を売却します。そもそも任意売却って何?

任意売却とは宮城県にある住宅など、所有者・名義人の任意で不動産を売却すること。

競売が債権者の強制であるのに対し、債務者の意思が優先される制度です。

■住宅ローンの債務不履行を防ぐ。

たとえば宮城県でもマイホームを購入するときは、多くの人が住宅ローンを組み、銀行などの金融機関から借金をして家を買います。

しかし不景気で会社が倒産して職を失ったり、病気で辞職したりすると収入が下がり、ローンの返済ができなくなります。

無理をしていると破産しせっかく手にした住宅は競売にかけられてしまうことになります。

そういう窮地から脱するための手段が任意売却でもあります。

⬛任意売却と競売の違いはどこに。

任意売却と聞くとマイナスなイメージを感じる人もいるかもしれません。

しかし任意売却は売却に向けての自由度が大きいのが大きな特徴です。

呼称に「任意」と付けられているように、住宅の名義人(住宅ローン借主)である本人の自由意思で売却のスケジュールを立てたり、売却額を決めたりできます。

それに対して、競売では金融機関が債権者の権利を行使して手続きに入ってしまうので、債務者である住宅名義人の希望が聞き入れられることはほぼありません。

宮城県の物件を任意売却するというのと、競売にかけるというのでは、非常に大きな違いがあるのです。

⬛宮城県にある不動産物件が、もしも銀行などからの借り入れ返済が滞りがちになったら、早い時期に手を打ちましょう。

債務不履行を続けると債務者として不利な立場に追い込まれます。

そうなる前に法律事務所を訪ね、弁護士に相談するなどすべきです。

無料相談会などがあれば、相談費用もかからず対策の相談に乗ってもらえます。

任意売却可能なうちなら方策はいくつでもあるはずです。