遺品整理の前の相続手続きとは?

相続人の決定方法とは?

自分で行う遺品整理

相続手続きとは、亡くなった人の現金、不動産、有価証券、貴金属などの財産を引継ぐ手続きです。手続きの種類によっては、借金などの負の財産や、各種の契約関係が引継がれます。

遺品整理をする前に故人の財産を調べ、故人・法廷相続人の戸籍謄本など、身分事項を証明する物しっかり出しましょう。その後、法定相続人全員で話合い、財産の配分、相続人の決定をします。

次に財産別に相続手続きで必要な書類を作成します。

  1. 相続関係説明図
  2. 故人・法定相続人の戸籍謄本から身分事項の内容を、
    “相続関係説明図”に記入します。

    ※提出が必要な財産:不動産など

  3. 遺産分割協議書
  4. 相続人が複数の場合、法定相続人全員で話合いをし、配分を決めます。

    話合いで決まった、配分や相続人の内容と、
    全員分の署名、実印を“遺産分割協議書”に記入します。

    ※提出が必要な財産:現金(預金),自動車など

トラブルを事前に防ぐために、上記2つの書類は必ず全員で相談し、納得した上で作成しましょう。

『相続関係説明図』『遺産分割協議書』
これら作成することで、自分がどの手続きをすればいいか決めることが可能になります。

相続手続きの種類とは?

相続には、『単純承認』『限定承認』『相続放棄』の3つの種類があります。

  1. 単純承認
  2. 故人の財産を相続するのが単純承認です。借金や家賃の滞納なども含まれます。

    もともと、単純承認を希望する方は、
    遺品整理を先に済ませていいでしょう。

    ※プラスの財産が多い場合におススメです。

  3. 限定承認
  4. プラスの財産からマイナスの財産を引いた分だけを相続するという権利です。

    プラスの財産がマイナス財産より多い場合、
    プラスの財産からマイナスの財産を差し引き、余った財産を相続する。

    借金などのマイナス財産が多い場合には、限定承認を行うことで、
    借金などの負担をしなくて済みます。

    ※プラス・マイナス財産の差がわからない人におススメです。

  5. 相続放棄
  6. 遺された財産の全ての相続を放棄するという権利です。

    負債が多い場合や、もともと故人とは疎遠で相続トラブルを避けたい場合など、
    さまざまな理由で相続自体を放棄してしまうこともできます。

    ただし遺品整理後には、相続放棄ができません。

    ※マイナス財産が多い人におススメです。

限定承認や相続放棄は、弁護士に相談や、家庭裁判所に申請があるため時間がかかります。出来るだけ早い時期に行いましょう。

いつまでに相続手続きを行うのか?

早めの手続き

相続人が決定してから3か月以内に行いましょう。『単純承認』『限定承認』『相続放棄』の、どの手続きで相続をするか(あるいは放棄するか)を決め、自分で手続き行います。

注意しなければいけないのが、自分が相続人であることを知っていたのに、3か月以上も相続の手続きをしなければ単純承認とみなされます。


また、自動的に相続額に沿った相続税が発生し、マイナス遺産が残れば、借金などを肩代わりすることになりますので、しっかり手続きを行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加